忍者ブログ
オーストラリア・パースに住む Japanesesから
| Admin | Write | Res |
みぽりんりん
オーストラリア パースに在住。 家族は、イギリス人の旦那とパグのぴぃちゃん。
自然がいっぱいのパースでランニングに励むJapanese
最新コメント
[04/01 heartful]
[02/24 emmy]
[02/23 みほ]
[02/23 みほ]
[02/23 のら]
[02/22 emmy]
[02/14 みほ]
[02/14 みほ]
[01/28 り~か~]
[01/23 り~か~]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新トラックバック
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9月30日(土)

鞍馬山 & Last day in Japan

とうとう、HOLIDAY最後の日となりました。

この日の夜中の25時の便で (また、タイ航空)で Perthに帰国予定です。

朝、ホテルをチェックアウトして、そのまま、京阪電車で 鞍馬山 へ。

旦那は、日本に住んでいる時から、ここが好きでよく来ていたそうな。

 『霊気』 の山だそうです。

 ちなみに入場料は、200円(?)くらいだった。
 私には日本語のパンフレット。旦那には、英語のパンフをくれた。

『仁王門』  俗界から浄域への結界。

SANY0265.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鞍馬山とは(パンフレットから)
 鞍馬山は、毎日を明るく正しく元気よく積極的に生きぬくための活力を、本尊である尊天からいただくための道場である。本来、いつでもどこにでも存在する尊天の活力が、特にこの鞍馬山には満ち満ちているからである。(略)
 鞍馬山の信仰は、尊天を信じ、ひとりひとりが尊天の世界に近づき、ついには尊天と合一するために、自分の霊性にめざめ自分に与えられた生命を輝かせながら、明るく正しく力強く生きていくことにある。

 久々に、お賽銭などを入れて、お参りしてみる。IMG_0489.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 絵馬 も奉納した。IMG_0499.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0500.jpg

 



 

 

 

 

 

 

祈りのことば

月のようにうつくしく

太陽のよに暖かく

大地のように力強く

尊天よあふるるみ恵みを与えたまえ

SANY0272.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私にカメラを向ける 旦那さんを撮ってみた。
けど、私を移した写真はなかった。 (嗚呼・・)

SANY0275.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 IMG_0521.jpg本堂からの眺め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイ ! 本堂ちかくで 記念撮影。 

SANY0282.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東京の与謝野亭から移築された  『冬柏亭』 

SANY0293.jpg

SANY0285.jpg

 

 

 

 

 

 

 『木の根道』   岩盤が固く地下に根が張れない過ぎの根が見事なアラベスク模様を描く。

SANY0300.jpg

SANY0302.jpg

 

 

 

 

 

 

 鞍馬山を抜けて、 『貴船神社』への道すがら 、
この日がシーズン最後の日という、 『川床』 を見つけた。 

SANY0309.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『貴船神社』  天の磐舟 

SANY0312.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和泉式部の歌碑

SANY0315.jpg

SANY0314.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 まっすぐに伸びる SANY0319.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

直々とそびえる老杉を見上げつつ 精進する修行者は 跡をたたず,
八丁七曲りの九十九折参道を踏みしめて尊天に祈る人の姿が昼も夜もたえない。

川端康成の 『古都』 の台詞に 「北山杉のように まっすぐに・・」
とうのが、今でも 頭の中に残っている。

 

 ※ ※ ※

鞍馬山をあとにして、 三条でちと、お買い物。 

そのあと、私が昔 通っていた 大好きな 銭湯 に行った。 (旦那も)

関空への最終バスが 21時と 少し時間があったので、
これまた、昔よく、通っていた 居酒屋へ 旦那と 行く。 

バスの時間 ぎりぎりに 守口駅に 着いた。

両親が そこにいた

なんと、3時間も コンクリートに腰掛けて、 私たちを待っていたのであるそうな・・

実は、我々も、京都からの帰りに 実家に行ったのである。
行き違い である。  母の 携帯も 繋がらず、仕方なく、 実家を後にした。

そのとき、 両親はすでに、関空行きのバスの停留所で ずっー待っていたのである

ごめんね。 

両親との別れも そこそこに 関空に向かった。

25時の便の チェックインカウンターは、まだ、開いていなかった。
旦那は、 すきっ腹に呑んだ ビールが効いて、トイレの住人になっている、妻を 顧みず、
オープン前の カウンターに 並んでいた。 

・・・・・

 

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass
無題
貴船や鞍馬。。。久しぶりに見た(^^)
私も好きでよくその辺を行っていたな~
涼しいから夏は最高!
銭湯も行ったの(^^)
京都に住んでいた時は 良く行ったな~
大きいお風呂に入りに。。。気持ちいいしね~
週一で行ってたかな?
長い休暇 ご苦労さんでした。。。
リフレッシュ休暇も 疲れが出るので 休養して下さいね~
り~か~ 2006/10/20(Fri)09:58:43 編集
り~か~さん 鞍馬山 
そうそう、疲労が出てきたわ。このぽかぽか陽気のなか、風邪を引いてしまいました。

銭湯は、私が一人暮らししていたマンションから、1分のところにあったので、ほとんど毎日行ってたの。 12:30に閉まるから、いつもギリギリかそれを超えて、そして お馴染みさんとか店の人に 「お休みなさい」って、言って帰るのが 嬉しかったなぁ。 
旦那は、スーパー銭湯は、もう行きたくない!って言ってるけど、 いつも町の小さな銭湯は OKなんだって。 何がちがうんだろう?

京都は、何故か、ペースが 大阪よりスローで 落ち着くね。
みほ 2006/10/20(Fri)14:11:20 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
phot by Art-Flash * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you忍者ブログ [PR]